化粧水、天然色素と化学着色料の比較

化粧品類のイメージや見かけを良くする為に色を付ける場合があります。


仮に緑や植物をアピールした化粧水は、液体に天然色素や化学的な着色料を添加して、視覚的にも良く見せるやり方も手段です。

話題の最新化粧水の比較の情報を集めました。

しかし、見目が良くとも実際に皮膚に付ける時に、メリットになるか問題が発生するか、使う成分によります。

天然色素ならば化学物質と比較すると、肌に様々な利点を与える上に、老化の改善や吹き出物の解決を誘発させる効果が多いです。
化学的な着色剤はタール色素とも呼びます。
基本的には食品の添加物として使う機会もありますが、化粧品類に配合する事は法的に認可されています。

YOMIURI ONLINEの信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

配合率にも制限が加わっていますが、皮膚に塗布すると刺激やかゆみが伴います。

使用する場合は注意しなければいけないところです。
天然と比較すると問題点が多いですが、利点としては殺菌効果、菌の増加を抑制する作用はあります。

利害が一致するかは定かでないですが、いくつかメリットもあります。



化粧水に添加する色素はカロテノイドやアスタキサンチン、クロロフィルやフィコシアニン、クチナシ抽出物があります。

それら全ては着色剤としても使えますが、どれも皮膚に良く作用します。カロテノイドは抗酸化作用があり老化改善にも効果をあらわしますが、合成着色料と比較するとリスクがほとんどない天然成分です。
クロロフィルは緑色をしていますが、化粧水に加えやすく、綺麗な色をアピールできる特徴も強みです。